ESGアセットマネジャー名鑑 2019

BNPパリバ・アセットマネジメント株式会社

東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウ ノースタワー
Tel:03-6377-2800(代表)
Web:http://www.bnpparibas-am.jp/
Mail:LIST.AMJP.Marketing@bnpparibas.com

欧州での長い伝統に育まれたESG投資のリーディング・カンパニー
「グローバル・サステナビリティ戦略(GSS)」を策定し、
「フューチャー・メーカー」を目指す

私たちは、ESG投資の最先端地域である欧州を本拠地としており、2002年にSRIファンドを設定し、2006年のPRI発足時に署名するなど、欧州最大級の金融グループに属する運用会社として、長くESG投資に積極的に取り組んできました。私たちのESG投資の陣容は厚く、中核であるサステナビリティ・センターは25名のESG専門家を擁しています。グ ローバルに展開する各運用チームにも約50名のESG担当者を設置して、8か国語をカバーする強固なネットワークを構築しています。

2019年3月には、「グローバル・サステナビリティ戦略(GSS)」を発表し、ESG投資に対する全社レベルでの強いコミットメントを具体的に表明しています。お客様にとって「持続可能な長期的投資リターン」を達成することが私たちの目標であり、すべての運用戦略でESG投資を2020年までに導入すること、「3つのE(エネルギー、環境、平等)」を主要テーマとすることなど、多くの内容が盛り込まれています。私たちは、GSSの趣旨への賛同を同業他社にも呼びかけ、持続可能で包摂的な社会への移行のために協力して積極的に貢献する「フューチャー・メーカー」となることを目指しています。

担当者

BNPパリバ・アセットマネジメント
サステナビリティ・グローバル・ヘッド

ジェイン・アムバクシア

ESG基礎情報

PRI署名年月 2006年4月
ESG運用残高(グローバル全体) 24兆6450億円※1(2019年6月時点、1ユーロ122.49円で換算)
手法別の内訳(2019年6月末時点、1ユーロ122.49円で換算)
ESGインテグレーション 24兆6450億円※1
ポジティブ・スクリーニング 4兆299億円※2
テーマ型投資 1兆2249億円※3
インパクト・コミュニティ投資 ※3
議決権行使・エンゲージメント 31兆7249億円
ネガティブ・スクリーニング 31兆7249億円
国際規範に基づくスクリーニング 31兆7249億円
資産クラス別の内訳(2019年6月末時点、1ユーロ122.49円で換算)
日本株 1470億円
外国株 3兆8952億円
債券・クレジット 9兆3827億円
PE 1960億円※4
不動産 1470億円
インフラ ※4
その他 10兆8649億円※5
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

N.A.

債券・クレジット

受託実績あり

外国株

受託実績あり

オルタナティブ

受託実績あり

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp