ESGアセットマネジャー名鑑 2019

ロベコ・ジャパン株式会社

東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア イーストタワー18階
Tel:03-4589-5570
Web:www.robeco.jp
Mail:japan.cs@robeco.com

1990年代からサステナブル投資に注力するパイオニア
社内の専門家チーム間で緊密に協力する体制
グローバルSDGクレジット戦略を他に先駆けて設定

ロベコおよびグループ会社のロベコSAMは、1990年代から20年以上にわたりサステナブル投資をリードしてきたパイオニアです。両社とも当初から国連責任投資原則(PRI)に署名し、継続して最高水準の評価を受けています。ロベコは、サステナビリティ要因を企業価値の重要な源泉と捉え、幅広い資産クラスで投資プロセスに統合しています。これが、豊富な情報を反映した投資判断につながります。

ロベコSAMが独自に4,600社以上の企業を分析するコーポレート・サステナビリティ評価をはじめ、ロベコは社内に、サステナビリティの各側面の専門知識や人材を有しています。リサーチ、運用、アクティブ・オーナーシップの各チームは同じ信念、価値観、目標を共有し、緊密に協力しています。

こうした先進的取り組みが評価され、本年、東京都が創設した「東京金融賞 ESG投資部門」において最初の受賞企業となりました。

また2018年には、他に先駆けてSDGsを社債投資に組み入れたグローバルSDGクレジット戦略を設定、既に1年以上の運用実績を積み上げています。今後もESG投資を最前線で推し進めるべく尽力してまいります。

担当者

代表取締役社長
坪田 史郎

ESG基礎情報

PRI署名年月 2006年12月
ESG運用残高(グローバル全体) 14兆6815億円(2019年6月時点、1ユーロ=122.69円で換算)
手法別の内訳(2019年6月末時点、1ユーロ=122.66円で換算)
ESGインテグレーション 14兆6815億円
ポジティブ・スクリーニング 4662億円
テーマ型投資 5276億円
インパクト・コミュニティ投資 453億円
議決権行使・エンゲージメント 55兆4559億円
ネガティブ・スクリーニング 9兆5821億円
国際規範に基づくスクリーニング 9兆5821億円
資産クラス別の内訳(2019年6月時点、1ユーロ=122.69円で換算)
日本株
外国株 10兆1027億円
債券・クレジット 4兆3919億円
PE
不動産
インフラ
その他 1869億円
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

提供予定なし

債券・クレジット

受託実績あり

外国株

受託実績あり

オルタナティブ

提供予定なし

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp