ESGアセットマネジャー名鑑 2019

アセットマネジメントOne株式会社

東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング
部署名:責任投資部
Tel:03-6774-5040
Web:http://www.am-one.co.jp/

豊富な経験を有する多彩なアナリストやファンドマネジャーが協力し、
投資先企業の価値向上に向けて多面的なスチュワードシップ活動を展開。

当社は、2016年10月の会社設立と同時に「責任投資部」を設置し、議決権行使やエンゲージメント(建設的な対話)を中心としたスチュワードシップ活動を積極的に推進する体制を整えてきました。当社の強みは、高い専門性や豊富な経験を有するESGアナリスト、議決権行使担当者、セクターアナリスト、ファンドマネジャーが互いに連携・協働することで、投資先企業に対して多面的なスチュワードシップ活動を展開できることです。特に、パッシブ運用のエンゲージメントにおいては、社会課題解決による事業機会の拡大(=リターン)を重視し、中長期的な企業価値向上に繋がるESG課題を設定します。そして、対話に際しては、課題を企業と共有するための詳細な資料を作成・提示することで実効性を高めています。さらに、官公庁や大学研究者、国際イニシアティブなどとの対話や協力を通じて有機的な連携を強化しています。

当社は、ESG要因を積極的に投資判断に活用すると同時に、投資先企業に対して社会課題の解決による企業価値向上を促すことによって、お客さまの中長期的な投資収益拡大を図り、社会の持続可能な発展に向けた好循環の実現を目指します。

担当者

責任投資部長
寺沢 徹

ESG基礎情報

PRI署名年月 2013年3月
ESG運用残高(グローバル全体) 38兆2324億円(2019年3月時点)
手法別の内訳
ESGインテグレーション 38兆2324億円
ポジティブ・スクリーニング 3439億円
テーマ型投資 3037億円
インパクト・コミュニティ投資
議決権行使・エンゲージメント 31兆2290億円
ネガティブ・スクリーニング 23兆4521億円
国際規範に基づくスクリーニング 23兆4521億円
資産クラス別の内訳
日本株 20兆5940億円
外国株 3兆876億円
債券・クレジット 14兆5508億円
PE
不動産
インフラ
その他
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

受託実績あり

債券・クレジット

受託実績あり

外国株

受託実績あり

オルタナティブ

受託実績あり

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp