ESGアセットマネジャー名鑑 2019

アバディーン・スタンダード・インベストメンツ

東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ9階
部署名:機関投資家営業部
Tel:03-4578-2211
Mail:institutuional.sales-japan@aberdeenstandard.com

ESGの考慮を全ての資産クラスの運用の中核に位置付け
豊富な経験を持つ50名以上のESGの専門家が
お客様のニーズに応じた運用戦略を提供

アバディーン・スタンダード・インベストメンツ(ASI)では、ESGの考慮を全ての資産クラスにおける運用の中核に位置付けており、1000人以上※1の運用プロフェッショナルが、企業調査、銘柄選択、 ポートフォリオ構築など、運用プロセスのあらゆる局面においてESGの要素を運用戦略の策定に活かしています。また、独立したESGチームを擁しており、その基盤は25年以上前に確立されています。現在は20名以上の専任の担当者が組織のESG投資の中核を担い、また、30名を超える資産クラス別のアナリストが、調査や企業分析、エンゲージメントを通じ、弊社のESG哲学の統合を支えています※2

ASIでは、投資家様のニーズに即し、カスタマイズされたESGソリューションを提供しており、現在約2.5兆円のESG関連資産を世界で運用しています※3。私たちは、建設的なエンゲージメントや議決権行使などの活動とあわせたESG要素の考慮が、投資家の皆様のより良い運用成果に繋がると信じています。ESGの考慮を運用の中核に位置付けることで、私たちはお客様の堅牢な投資成果の実現を目指すとともに、より公平で、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。

※1※2 2018年3月末現在 ※3 2019年6月現在

担当者

グローバル・ヘッド・オブ・スチュアードシップ・アンド・ESG・インベストメント

ユアン・スティアリング

ESG基礎情報

PRI署名年月 2007年12月
ESG運用残高(グローバル全体) 2兆4681億7260万円(2019年6月時点、1英ポンド=137.12円で換算)
手法別の内訳
ESGインテグレーション
ポジティブ・スクリーニング
テーマ型投資
インパクト・コミュニティ投資
議決権行使・エンゲージメント
ネガティブ・スクリーニング
国際規範に基づくスクリーニング
資産クラス別の内訳
日本株
外国株
債券・クレジット
PE
不動産
インフラ
その他
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

提供可能・受託なし

債券・クレジット

提供可能・受託なし

外国株

提供可能・受託なし

オルタナティブ

提供可能・受託なし

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp