ESGアセットマネジャー名鑑 2019

アムンディ・ジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-2-2 日比谷ダイビル
Tel:03-3593-9296
Web:https://www.amundi.co.jp/
Mail:JP-AMUNDI-IBD-MARKETING@jp.amundi.com

3カ年アクションプランにより責任ある投資家として
会社設立の原則を確認し、受託者の立場と社会的責任を一致させ、
お客様の期待にお応えいたします。

〈会社設立来の原則〉
責任投資はアムンディ設立来の原則のひとつです。当社のポリシーは資産運用にESG基準を取り入れ、特に環境投資などのESG投資を推進する具体的な取り組みを実行することです。

〈アムンディ・グループ:責任投資強化のための3カ年アクションプラン〉
責任投資に関するコミットメントを強化するため、下記の通り2021年までの3カ年アクションプランを策定しました。①3年以内に全ファンドを対象にESG(環境、社会、企業統治)分析を統合 ②シェアホルダーエンゲージメントおよび議決権行使に体系的にESG分析を統合 ③機関投資家向けESGアドバイザリー・サービスの展開 ④環境または社会に影響を与える投資戦略を2倍に拡充 ⑤「社会的連帯経済」に対する投資を倍増

当社は堅固で業界でも認められたESG分析プロセスを構築しており、これを用いて強力な環境・社会的インパクトを持つ投資を促進するために画期的なイニシアティブを打ち立てました。今後、目指すのは、投資プロセスおよび議決権等行使方針においてESG基準をその中心に据えることです。

担当者

アムンディ・ジャパン株式会社
運用本部長兼チーフ・インベストメント・オフィサー

岩永 泰典

ESG基礎情報

PRI署名年月 2006年5月
ESG運用残高(グローバル全体) 168兆円(2019年3月時点、1ユーロ=120円で換算)
手法別の内訳(2019年3月時点、1ユーロ=120円で換算)
ESGインテグレーション 34兆4000億円
ポジティブ・スクリーニング 34兆4000億円
テーマ型投資 8000億円
インパクト・コミュニティ投資 4000億円
議決権行使・エンゲージメント 164兆8000億円
ネガティブ・スクリーニング 164兆8000億円
国際規範に基づくスクリーニング 164兆8000億円
資産クラス別の内訳※アムンディの定める分類とは異なるため、別図に記載。
日本株
外国株
債券・クレジット
PE
不動産
インフラ
その他
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

受託実績あり

債券・クレジット

受託実績あり

外国株

受託実績あり

オルタナティブ

受託実績あり

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp