ESGアセットマネジャー名鑑 2019

日興アセットマネジメント株式会社

東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
Tel:03-6447-6515(機関投資家事業本部)
Web:https://www.nikkoam.com/institutional/
Mail:nam.fi@nikkoam.com

ESGの社会的価値創出が経済的価値をもたらすというCSVの考え方を軸に、
全てのアセットクラスにESGを統合し対話を通じてαを創出

20年間にわたりESGのリーディングカンパニーとして取組みを推進。2007年にPRIへ署名、2018年にThe Investors Agendaが掲げるTCFD等4分野にアジアの運用会社として初めて参加するなど、ESGをフィデューシャリー原則実践の必要不可欠な要素と位置づけ、全アセットクラスの運用プロセスにて全力で取り込んでいる。PRIの評価で、5年連続で最上位の総合評価、株式部門では3年連続で最高位の評価であるA+を獲得している。

ESGのオポチュ二ティとリスクの両面に注目し、2013年、ESGの社会的価値創出が経済的価値につながるというCSVの考え方を応用し、アナリストが企業を独自評価しCSVスコアを付与、日本株ESG戦略のαソースとして活用。ガバナンスリスク企業を投資プロセスから除外するリスク管理も実施し、α創出につなげている。また、企業とのエンゲージメント、議決権行使で株主価値を高めていくアクティブオーナーシップ活動にも注力。2017年より当業務専門のグループを組成し、パッシブを含む全上場保有銘柄に対話の枠を拡大している。

担当者

株式運用部長
中野 次朗

ESG基礎情報

PRI署名年月 2007年10月
ESG運用残高(グローバル全体) 8兆7861億円(2019年3月末時点、1米ドル=110.99円で換算)
手法別の内訳(2019年3月末時点、1米ドル=110.99円で換算)
ESGインテグレーション 8兆7861億円
ポジティブ・スクリーニング 1376億円
テーマ型投資 1376億円
インパクト・コミュニティ投資
議決権行使・エンゲージメント 11兆5395億円
ネガティブ・スクリーニング 8兆7861億円
国際規範に基づくスクリーニング
資産クラス別の内訳(2019年3月末時点、1米ドル=110.99円で換算)
日本株 1兆7218億円
外国株 1兆7602億円
債券・クレジット 5兆2421億円
PE
不動産
インフラ
その他 618億円
ESG投資の日本での提供実績・予定
日本株

受託実績あり

債券・クレジット

提供可能・受託なし

外国株

受託実績あり

オルタナティブ

提供可能・受託なし

インフォメーション
  • 本コーナーでは2019年8月末時点で各社から提供された情報を社名五十音順で掲載しています
  • 回答した各社の中には、「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」を公表・算出していない会社もあります。
  • 「 ESG運用残高」と「手法別の内訳」、「資産クラス別の内訳」の合計は、必ずしも一致しないことがあります。
  • 残高がゼロの資産、投資対象外の資産、無回答、などは「-」と記載しています。
  • 掲載内容の詳細や最新の状況は直接各社にお問い合わせください。

ページトップへ

株式会社想研  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-11 サンアイ茅場町ビル2階

TEL
03-5641-5170(代表)
FAX
03-5641-5173
WEB
http://www.soken-inc.co.jp